自己破産のメリット、デメリット

自己破産という言葉は聞いたことがあると思います。

では自己破産とはなにか、自己破産を申し立てたひとの収入、借金の金額を考慮して裁判所が支払い不能と判断した場合、返済が免除されます。

債務整理24時によると自己破産の種類には、債権者に目立った財産がない場合や免責不許可事由がない場合は同時廃止事件として、また借り入れ先にめぼしい財産がある場合、免責事由がある場合は、管財事件として扱われるそうです。。

では、もし自己破産をしてしまったらそのあとの生活はどうなるのでしょうか。

破産者でいる期間は、破産決定から免責決定が降りるまでの期間です。自己破産後の仕事などについては、在職中の場合は、免責決定までの手続き中の職業制限にかかる場合でなければ続けられます。

離職中の場合は、生活費としての必要なお金は処分対象外です。自己破産後の住居について、持ち家の場合は、破産宣告時に処分が必要です。任意売却や競売にかけられます。賃貸の場合は、破産に伴う引っ越しの必要はありません。賃貸の場合はそこまでの必要がないとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です