お金は収支のバランスが大切

貯金の額だけ、借金の額だけ、手持ちの額だけそれぞれの金額はあまり意味がありません。

お金は収支を計算してバランスで考えないといけません。

貯金が多くてもそれ以上に借金が多ければ、貯金ゼロで借金がない人のほうが金銭的には資産があることになります。また借金200万円ぐらいで自己破産を考える人も多いですが多くの住宅ローンは数千万円規模でお金を借りていますがいきなり自己破産したり債務整理をするということはありません。

住宅は資産でもあるので売ればそれで返済できる担保となるというのもあります。それぞれのお金の金額だけで評価するのではなく総合的な収支をみて判断することが大切です。またお金は流れというものがあるので借金が多くても収入があり返済が滞りなく生活が安定していれば借金が多くても問題がないことになります。

収入や資産がないのに借金だけが膨れ上がったアンバランスな状態が危険だということでお金のバランスの意識を常にしておきたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です