過払い金のメリットやデメリット

皆さんはCMなどで、過払い金返還などを謳っている法律事務所などを見たことはありませんか?最近ではかなりの頻度でテレビに流れているので何か裏があるのではないかと疑ってしまう人も少なくないようです。
過払い金とはもちろんその名の通り払いすぎたお金、正確に言うと消費者金融などに取られすぎてしまった利息のことです。借金などに関する利息については法律で定められていましたが、近年では多くの消費者金融やカード会社が法律に抵触する利息を取っていることがわかりました。よってこの過払い金という言葉が出回るようになったのも最近になる、ということですね。
過払い金を返還してもらうには返還請求という手続きを行いますが、過払い金が返還されることによるメリットというのはもちろん、借金が減り払いすぎた利息が戻ってくるということでしょう。もちろんお金が戻ってくるわけですから、請求をした時点で借金の取り立ても止まるということになります。
ですが少しデメリットなどもあります。それは、時効があるということです。契約が終了してから10年が経ってしまうと請求の手続きが出来なくなってしまうのです。多くの法律事務所がテレビや他の媒体などで過払い金請求の広告を頻繁に出している理由はここにあります。時効があるが故に、気づいた時に手続きが出来るわけではないので、弁護士側から知らせていくというスタイルをとっているわけですね。
このように、過払い金にはメリットだけでなくちょっとしたデメリットもあるので、よく調べてから請求するようにしましょう。