過払い金と金利に関する2つの法

ここ数年、過払い金についての記事やニュースをよく目にします。弁護士事務所が行っている、「過払い金請求を請け負います。」という旨の広告を、誰でも一度は見たことがあると思います。
過払い金とは、借金を負っていた人が、貸し手である銀行や消費者金融に過剰に払っていたお金のことです。借金をすると、借りた金額のほかに、利息を払っていかなければなりませんが、この利息は法律により上限が定められています。ところが、2010年以前の金融業界では、この金利の上限を越えて貸し出しを行うことが珍しくありませんでした。そして現在、その事が法に反していたという認識が広まり、多くの過払い金請求が行われています。